萌え苺ねっと

萌え苺ねっとはアニメを中心に面白いと思った記事をまとめています

    ニュース速報



    (出典 cdn.amanaimages.com)



    1 ばーど ★ :2017/05/09(火) 18:44:16.80 ID:CAP_USER9

    <連休最終日、自宅庭のバーベキューで惨劇!「うるさい」と隣人に刺され父親死亡>

    「バーベキューしただけで刺されて殺されるって、そんなことありますか」

    おととい日曜日の7日(2017年5月)に岐阜県瑞浪市の自宅の庭でバーベキューをしていた会社員大脇正人さん(32)が刃物を持ってきた男(26)に腹などを刺され死亡した。
    兄が涙ながらに無念を語る。

    兄は語る。「弟は少年野球のコーチをやっていて、午前中に勝って、嬉しくて、嬉しくて、バーベキューを始めていた。
    きっと、子どもたちを守ろうと思ったのだろう。最後の野球のコーチだった」

    バットの素振りにもクレーム

    殺人未遂の現行犯で逮捕されたのは隣に住む無職の男(26)で、これまでも何度も言いがかりをつけていたという。
    兄によると「子どもが外でバットの素振りをするだけで文句を言ってくるような人でした。"ご近所トラブル"と言ってほしくない」。

    男は1人で暮らしていたという。刺したことは認めているが、「殺意は持っていない」といっている。

    配信 2017/5/ 9 11:14

    J-CASTニュース
    https://www.j-cast.com/tv/2017/05/09297353.html

    関連ニュース(産経 2017.5.9 11:26)
    http://www.sankei.com/west/news/170509/wst1705090033-n1.html

    関連スレ
    【岐阜】庭でバーベキューをしていた32歳男性、近所の男に刺され死亡 逮捕された26歳無職男は精神科の通院歴も★45
    http://asahi./test/read.cgi/newsplus/1494321577/
    【岐阜】バーベキュー殺人事件で逮捕された26歳男、以前から『音』をめぐり近隣トラブルか
    http://asahi./test/read.cgi/newsplus/1494249799/


    【【岐阜】「バーベキューしただけで刺されて殺されるって、そんなことありますか」兄が無念を語る】の続きを読む



    (出典 i1.wp.com)



    1 ばーど ★ :2017/05/08(月) 19:30:19.03 ID:CAP_USER9

    <1からソースを変更しています>

    7日午後6時30分頃、岐阜県瑞浪市陶町すえちょう大川、会社員大脇正人さん(32)方前の路上から「2人が刃物で刺された」と110番があった。
    駆けつけた県警多治見署員が、腹などを刺されて倒れている大脇さんら2人を発見。大脇さんは搬送先の病院で間もなく死亡が確認された。もう一人の会社員の男性(42)も腕などにけが。

    同署は近くに住む無職の男(26)を殺人未遂の疑いで現行犯逮捕し、容疑を殺人に切り替えて捜査している。
    発表では、大脇さんが自宅庭でけがをした男性らとバーベキューをしていたところに男が現れ、刃物で大脇さんらを襲ったという。男は男性らが取り押さえて署員に引き渡した。

    男は「殺意はなかった」と容疑を否認しているという。精神科への通院歴があるといい、同署には約1年前、男に関する相談が家族らから寄せられていたという。

    配信 2017年05月08日 11時29分

    YOMIURI ONLINE
    http://www.yomiuri.co.jp/national/20170507-OYT1T50086.html

    【追加ソース】
    庭でバーベキューの男性、近所の男に刺され死亡 岐阜
    http://www.nikkei.com/article/DGXLAS0040010_X00C17A5000000/
    庭でBBQ中の男性刺され死亡 26歳男を逮捕(ソース元に動画あり)
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170507/k10010973001000.html?utm_int=news_contents_news-main_004


    (出典 imgur.com)


    (出典 imgur.com)


    (出典 imgur.com)


    ★1) 5月8日(月) 2:42:47.23
    前スレ

    http://asahi./test/read.cgi/newsplus/1494237136/


    【【岐阜】庭でバーべキューをしていた32歳男性、近所の男に刺され死亡 逮捕された26歳無職男は精神科の通院歴も】の続きを読む



    (出典 irorio.jp)



    1 ◆qQDmM1OH5Q46 :2017/05/04(木)10:44:38 ID:???

    「僕、髪を伸ばします」 校則に1人反発、孤独との戦い
    後藤隆之2017年5月3日01時11分

     男子生徒は全員、髪形は丸刈り。そんな校則があった愛知県常滑市立の中学校で1988年11月、
    「僕、髪を伸ばします」と宣言した生徒がいた。授業で学んだ憲法が「すべて国民は、個人として尊重される」と定めていたからだった。

     宣言したのは、常滑市に住む杉江匡(きょう)さん(43)。宣言の1カ月前、名古屋弁護士会(当時)が県内の別の中学校に
    「丸刈り強制は人権を侵す」と勧告したことを報道で知った。丸刈り強制の校則は憲法とそぐわないんだ――と確信できた。

     校内では教師の体罰も日常の光景だった。月に1度の頭髪検査で髪を引っ張られ、「痛いのは髪が伸びている証拠」と言われたこともあった。

     「体罰を含め、『当たり前なんだ』と受け入れてきたことへの反発が爆発した」。卒業まであと約4カ月で担任に「髪を伸ばす」と直談判。
    「自分の意思かどうか」と聞かれ、「自分の意見です」と答えた。学校の変化を期待して、朝日新聞にも投書した。

    続き 朝日新聞
    http://www.asahi.com/articles/ASK4T3GQ9K4TOIPE005.html


    ◆◆◆ニュー速+ 記事情報提供スレ 69◆◆◆
    http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1492688096/619


    【【社会】「僕、髪を伸ばします」 校則に1人反発、孤独との戦い [H29/5/4]】の続きを読む



    (出典 iqossan.com)



    1 DQN ★ :2017/05/06(土) 17:37:11.18 ID:CAP_USER9

    専用たばこを充電式ホルダーに差し込んで吸う「アイコス」。煙の代わりに白い蒸気が吐き出される=神戸市内(撮影・中西大二)

    (出典 www.kobe-np.co.jp)


    アイコスの充電器(下)とホルダー

    (出典 www.kobe-np.co.jp)


     火を使わず、煙や灰が出ない加熱式の新型たばこを巡り、路上喫煙や受動喫煙を禁じる自治体の間で対応が揺れている。「周囲を気にせず吸えたら」「火の不始末が心配」。そんな愛煙家らの心をつかみ、新型たばこは兵庫県内でも急速に普及。ただ受動喫煙による健康への影響は不明とされ、厚生労働省も明確な指針を示していない。(末永陽子)

     新型たばこの人気に火を付けたのが、フィリップ・モリス・ジャパン(東京)が昨年4月に全国発売した「アイコス」。専用たばこを充電式ホルダーに差し込み、加熱してから吸う。たばこ葉を電気で加熱し、依存性のあるニコチンを含む蒸気を発生させる。同社は「味わいは紙巻きたばこと多少異なるが、慣れると満足できる人が多い」とPRする。

     昨年末までの販売数は、ホルダーや充電器など定価9980円のセットが300万個を突破。同社によると、100万人以上の喫煙者が紙巻きたばこから完全に切り替えたという。国内の喫煙者は約2千万人とされ、その5%以上に相当。担当者は「自身の健康以上に、他人への配慮から切り替える人が多い」とみる。

     日本たばこ産業(JT)も昨年、加熱式たばこ「プルーム・テック」を福岡市で発売した。品薄が続くほどの人気ぶりで、数年後には全国展開を狙う。

     神戸市内の女性会社員(40)は、半年ほど前からアイコスを愛用。「服ににおいが付かず、周りに気を使わずに吸える。一度持ってくるのを忘れて紙巻きたばこを吸ったら、以前ほどおいしく感じなかった」と話す。

     一方、同市垂水区の男性会社員(32)は“否定派”だ。購入したが、「物足りなかった」ときっぱり。「充電式なので手間もかかる」。専用たばこは20本入りで1箱460円だが、別の男性会社員(45)は「ホルダーなどを合わせると初期費用が1万円を超える」と購入を見送った。

         ◇

     各メーカーは「タールなど有害物質は紙巻きたばこより少ない」とPRするが、健康への影響は科学的に明らかにされていない。たばこ事業法では「製造たばこ」に分類されるため、「法的には変わりはない」と強い拒否反応を示す嫌煙家も多く、新型たばこへの自治体の対応もまちまちだ。

     2008年から三宮・元町地区など指定区域での路上喫煙を条例で禁じる神戸市。「火によるやけどの危害やポイ捨ての防止が条例の目的なので、新型たばこは対象外」とする。

     これに対し、受動喫煙の防止条例を定め、大規模な飲食店や宿泊施設などの分煙を義務化した兵庫県は「法律上はたばこなので規制対象」と説明。京都市や横浜市なども規制している。

     神戸市灘区の女性会社員(37)は、新型たばこに切り替えてからも喫煙場所でしか吸わない。「見た目も普通のたばこと変わらないからか、カフェで吸おうとして注意された。新型たばこが普及しても、世間の嫌煙ムードは広がっている」と諦め口調だった。

    ■縮む市場喫煙5人に1人

     メーカーが新型たばこの開発に力を入れる背景には、紙巻きたばこ市場の縮小がある。

     日本たばこ産業(JT)によると、2017年の国内紙巻きたばこ販売は、前年比9・6%減の960億本となる見通し。1985年は3千億本を超えていたが、健康志向の高まりや増税による値上げなどの影響で減少傾向が続く。1千億本を割る予想は85年の民営化以来初めてという。

     喫煙率も右肩下がりだ。JTによる昨年5月の調査では、全国の成人喫煙率は男女合わせて19・3%(前年比0・6ポイント減)だった。うち男性は29・7%。ピークだった66年の83・7%から半世紀で54ポイント落ち込んだ。喫煙率が一番高かったのは40歳代の38・2%。

    神戸新聞:https://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/201705/0010162098.shtml


    【【加熱式タバコ】新型たばこ、くすぶる賛否 火使わず煙なしで人気】の続きを読む

    このページのトップヘ