萌え苺ねっと

萌え苺ねっとはアニメを中心に面白いと思った記事をまとめています

    VIP

    • カテゴリ:


    (出典 ure.pia.co.jp)



    1 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2017/08/04(金) 14:39:02.792 ID:hhQhZKnsM.net

    第32話「破滅の時」


    【アニメ『俺とお前らのVIP性活!?』のサブタイトル挙げていけ】の続きを読む

    • カテゴリ:


    (出典 livedoor.blogimg.jp)



    1 名無しさん@お腹いっぱい。 :2017/07/30(日) 22:05:23.74 ID:5yuPdefO0.net


    (出典 newgame-anime.com)


    声 - 喜多村英梨
    フェアリーズストーリーシリーズの企画担当ディレクターとして製作スタッフを纏めている。
    可愛い女の子が大好きで、麾下のメンバーを女性で固めており、りんに窘められることも。
    ゲームを面白くするためには仕様の変更は仕方がないという考えを持っており、軽々しく仕様変更を繰り返してうみこを怒らせている。
    ウェーブのかかったロングヘアで、眼鏡とストールを身に着けている。

    前スレ
    【NEW GAME!】葉月しずくは企画担当かわいい
    http://hanabi.2ch.net/test/read.cgi/anichara2/1469867383/


    【【NEW GAME!】葉月しずくは仕様変更かわいい】の続きを読む

    • カテゴリ:


    (出典 entamix777.com)



    1 muffin ★@\(^o^)/ :2017/07/17(月) 15:17:51.05 ID:CAP_USER9.net

    http://www.narinari.com/Nd/20170744795.html
    2017/07/17 14:47


    (出典 cdn.narinari.com)


    小室哲哉(58歳)が7月17日、自身のInstagramで、歌手・鈴木亜美(35歳)の長男を抱っこした写真を披露している。

    小室は「この子もフェスのゲストさんでした!初めて会ったけど信じられない、亜美が、ママって、、、、。嬉しかった、なんか」と、1998年にオーディション番組を経て小室プロデュースでデビューした鈴木が、約20年の月日が流れてママになったことには、とても感慨深いものがあるようだ。

    ファンからは「いやぁーん!めちゃくちゃえぇ写真!」「お孫さんを抱っこしてる感じですね」「小室さんもすごく良い表情」「小室さん優しい顔してる」などの声が寄せられている。

    鈴木は先日、バラエティ番組「ダウンタウンなう」(フジテレビ系)に出演。その際に当時生後2か月半だった長男を連れていき、ダウンタウンらに抱っこしてもらうシーンが放送されるなど、長男は“大物”との対面・抱っこが続いている。


    【【芸能】小室哲哉、鈴木亜美の長男を抱っこ「信じられない、亜美が、ママって」】の続きを読む

    • カテゴリ:


    (出典 livedoor.blogimg.jp)



    1 たんぽぽ ★ :2017/08/07(月) 17:19:05.46

    http://www.asahi.com/articles/ASK875CXLK87OBJB007.html

     勤務先の小学校の女子児童にわいせつな行為をしたとして、愛知県警は7日、臨時講師大田智広(としひろ)容疑者(30)=同県刈谷市泉田町=を強制わいせつの疑いで逮捕し、発表した。容疑を認めているという。同容疑での逮捕は5回目。

     安城署によると、大田容疑者は昨年11月~今年2月ごろ、当時勤務していた同県知立市立小学校のコンピューター準備室で、低学年の女児にわいせつな行為をした疑いがある。

     大田容疑者は埼玉県内の小学校教諭だった2013年に児童買春・児童ポルノ禁止法違反の罪で罰金の略式命令を受け、同県教育委員会からも懲戒処分を受けていたが、15年に知立市教委に採用された際の履歴書には教諭の経歴が記載されておらず、名前も当時とは異なっていたという。


    【【愛知】校内で女児にわいせつ行為の疑い 臨時講師5回目の逮捕】の続きを読む

    • カテゴリ:


    (出典 pbs.twimg.com)



    1 西野亮廣 ★ :2017/08/07(月) 19:43:26.74

    2017/8/5(土)8:00
    ●求めたのは実写とアニメの中間に位置する演技

    マイナビニュース編集部に「何故、アニメ映画の声に声優ではなく役者を使うのか」という読者の疑問の声が届いた。確かに、2016年に公開され驚異的なヒットを記録した新海誠監督の『君の名は。』でもメインキャラクター2人の声を務めたのは、俳優・神木隆之介と女優・上白石萌音。2017年でも8月18日公開の『打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?』では、『魔法少女まどか☆マギカ』シリーズやTVアニメ『3月のライオン』シリーズなどで知られる新房昭之監督がメガホンを取り、メインキャラクターは菅田将暉や広瀬すずが演じる。こうしてみると、確かにアニメ映画で俳優が起用されることは多いと言えそうだ。

    『借りぐらしのアリエッティ』(2010年)や『思い出のマーニー』(2014年)を手がけてきた米林宏昌氏の監督3作目となる長編映画『メアリと魔女の花』(公開中)もそんな作品の一つだ。本作で描かれるのは、主人公・メアリが森で7年に1度しか咲かない不思議な花"夜間飛行"を見つけたことから始まる、赤い館村に住む少年・ピーターをも巻き込んだ大事件の物語。この2人を演じる杉咲花と神木だけでなく、本作には天海祐希(マダム・マンブルチューク役)、小日向文世(ドクター・デイ役)、満島ひかり(赤毛の魔女役)、佐藤二朗(フラナガン役)、遠藤憲一(ゼベディ役)、渡辺えり(バンクス役)、大竹しのぶ(シャーロット役)と錚々たる俳優陣がキャストとして名を連ねている。なぜここまで徹底して俳優らを起用しているのだろうか、その疑問を率直にぶつけたところ、米林監督からアニメーションと声の絶妙なバランスやその関連性を示す答えをいただけた。また、本作での俳優陣による"声にまつわる見どころ"やその収録エピソードを聞くことができた。

    ○"中間の芝居"をどう演じてもらうか

    ――なぜアニメ映画の声を俳優さんや女優さんに任せていらっしゃるのか、本作はもちろん、スタジオジブリ時代から彼らを起用してこられた米林監督に単刀直入にお聞きしたく思います。

    僕がこれまでにやってきたアニメーションは日常シーンでも結構動くほうで、絵だけでも心情を表現できるよう描いてきました。あんまり過剰に演技を入れると逆に不自然になって浮いてしまう部分もあります。俳優の方たちに演じていただくにあたり普段の実写の芝居とはまた違う感覚を求めることもありますが、実写的な芝居とアニメーション的な芝居、その中間くらいのところでどう演じていただけるかが狙いで、「欲しいな」と思っている部分なんです。

    ――なるほど、絶妙な加減ですね。どちらかと言えば日常会話っぽくということでしょうか。

    息遣いなどはそうですね。誇張してプラスしていった方が良いなと思う部分もあります。発声の仕方としては、舞台をやっているような感じでしょうか。ちょっと張っていかないと合ってこない。例えば、天海さんはこれまで何度か声で演じる機会があったそうで、「いつもは絵の力に負けちゃうところもあるけれど、今回は張っていきます!」と言って収録に臨まれていました。

    ○杉咲はまさに適役だった

    ――俳優陣でもこれまでの声の仕事の経験から、それぞれで収録の進み具合は変わってくるものなのでしょうか。

    本作で言えば、各々でセリフの量は違いますが、メアリだとセリフがたくさんあるので、およそ5日間の収録になりました。

    ――すごく短いですね!

    セリフの量にもよりますが、小日向さんは1日、神木さんに至っては4時間ぐらいで収録しました。

    ――そうだったんですか!?

    天海さんも2日間くらいでしたね。絵を描いている長さに比べると、あっと言う間ではあります(笑)。そんな中でも絵を描いた僕たちの思っていた以上の表現をされていて、そういう意味では声の力というのは大きいなと思いましたね。

    ――特にこのキャストの演技に驚かされたというものはありますか。

    やはり杉咲さんがすごいですね。メアリの声は、まさに彼女が適役でした。リアルな実写の芝居をやってらっしゃるから、生っぽい音が入っている。それが「面白いな」と感じまして。今回は実写ではあまり経験がないかもしれないし、やらないような驚いた時の「ギャー!!」や「ワー!!」といった声だけの演技をしなければいけないということで、すごく工夫して演じてくれました。それとメアリは「イヒヒ」って笑うじゃないですか。杉咲さんも普段からそんな笑い方をされるんですよね。

    *以下全文
    http://news.mynavi.jp/articles/2017/08/05/mary/


    【【映画】アニメ映画の声に俳優を起用するのはなぜ?】の続きを読む

    このページのトップヘ