萌え苺ねっと

萌え苺ねっとはアニメを中心に面白いと思った記事をまとめています

    雑学



    (出典 bridal-tulip.info)



    1 しじみ ★ :2017/04/12(水) 21:33:01.75 ID:CAP_USER9

    ● 過去5年で男女ともに 生涯離婚率が3%以上上昇


     国立社会保障・人口問題研究所の推計によると、
    2015年で「生涯未婚率」の対象になる日本人は
    、男性が23.37%、女性が14.06%にのぼったという。
    同推計は国勢調査を分析して行われるとのことだが、
    5年前と比較すると、男性で3.37%、女性で3.45%増加しているとのことだ。


     はじめに断っておくが、筆者は、他人について結婚するかしないかについて、
    どちらが望ましいという価値観を持っているわけではない。
    無理にでも(たとえば日本社会のために)結婚せよという気持ちもないし、
    独身がいいと勧めるつもりもない。性別、年齢、国籍に関係なく、
    自分の結婚くらい自分で好きに決めたらいい。


     さて、生涯未婚率とは、満50歳までに一度も結婚しない人の比率だ。
    近年、男女共に寿命が延びて、高齢でも元気なので、
    「50歳まで未婚」を「生涯未婚」と同一視していいのかについては、
    少々疑問があり、対象者から抗議の声(?)が上がるかもしれないが、
    特に50歳以降は女性が妊娠・出産するケースがごく少ないので、
    人口動態を考える上では、この辺を区切りにしておくことに、
    一応の意味がありそうだ。


     それにしても、生涯未婚率の上昇ペースは速い。
    ここ5年で3%以上増えたとは、社会の変化としていかにも急激だ。


     「ここ5年で3%以上増えた」と言うと、
    つい昨今の経済状況に関連付けて説明したくなる。
    近年の勤労者所得の伸び悩みなどを見ると、
    結婚適齢期の世代の経済的困窮が結婚を妨げているようにも思えるが、
    それは、必ずしも適切ではない。過去のデータを見ると、
    男性では1970年代から一貫して、女性も1980年代後半からずっと
    「生涯未婚率」は上昇を続けている。


     もっとも、女性の生涯未婚率の上昇カーブが男性並みの傾きになるのは、
    2000年代前半からなので、勤労者所得の伸び悩みが、
    未婚率の上昇につながった可能性はあるだろう。


     女性側から見て
    「私を養ってくれる甲斐性のある男になかなか出会えない」という状況は進んでいるはずなので、
    女性側には強い経済要因があるかもしれないし、
    か弱き男性側にも女性側の心理を忖度することが遠慮につながっている可能性がある。
    なお、筆者は、女性が男性の経済的甲斐性にこだわることには賛成しないが、
    こだわる女性がいるのは事実だろう。


    ● 結婚したいと思う男性が 適齢期男性の5%以上余っている


     国立社会保障・人口問題研究所が昨年9月に公表した出生動向基本調査によると、
    「いずれは結婚したい」と考える18歳~34歳の未婚者の割合は、
    男性85.7%、女性89.3%であるという。
    これらの調査対象は、生涯未婚率の計測対象になっている世代と世代が異なるが、
    「結婚したい」と思っていても、結婚に至っていない男女が少なからずいることは、事実のようだ。


     ケインズ以後の経済学では失業を自発的失業と非自発的失業に分ける考え方があるが、
    結婚を希望していながら独身にとどまる人を、「非自発的独身」と名付けることができようか。


     データの扱い方として乱暴だが、先の生涯未婚率の数字と、
    結婚したいという回答の比率を合計してから100%を引いて非自発的独身の多寡を推定すると、
    男性が+9.07、女性が+3.36%と、男性の方でより結婚希望の未達成者が多い
    (実際の非自発的独身率は離婚経験者が入るので、もっと大きな数字になるだろう)。
    単純に「需給」の問題として解釈すると、
    結婚したいと思う男性が適齢期男性人口の5%以上余っていると想像できる。


     一つの可能性としては、何度も結婚する、
    結婚市場において積極的でかつ競争力の強い男性が、
    複数の女性との結婚経験を持っている結果、こうした状況になっているのかもしれない。

    続きはソースで: Yahoo!ニュース
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170412-00124486-diamond-bus_all

    ★12017/04/12(水) 05:22:32.98
    前スレ
    http://asahi./test/read.cgi/newsplus/1491960708/


    【【話題】「結婚」は昨今の経済状況下では“損”か“得”か】の続きを読む


    暮らし・アイデア 注目まとめ 0112


    暮らし・アイデア の注目まとめをまとめてみました。

    みんなの「突っ張り棒活用法」がとても参考になる!

    2017-01-12 18:26:25(562415 view)

    壁に穴を開ける必要が必要がないので、賃貸でも使えるのが嬉しい「突っ張り棒」。キッチンにクローゼット、靴の収納なんかにも使える便利なアイテム。収納を増やしたい方におすすめなアイデアをご紹介します。


    (出典 matome.naver.jp)



    あなたはいくつ知ってる?アマゾンで買える”良コスパ製品”まとめ‼

    2017-01-12 18:26:25(1021092 view)

    ※価格はまとめ作成時のものです


    (出典 matome.naver.jp)



    まだ捨てないで…冷蔵庫で冷やすと復活するモノ達がある!

    2017-01-12 18:26:25(599076 view)

    ベトベトになったマスキングテープや割れてしまったファンデーションなど…、一見使えなくなったモノたちが実は冷蔵庫で冷やすことで復活することがあるんです。まとめてみましたので、ぜひ試してみてください!


    (出典 matome.naver.jp)



    学力だけじゃない?「子どもの知性」を育てるために必要な5つのこと

    2017-01-12 18:26:25(172745 view)

    子どもが知性を身につけ、様々な能力をできる限りのばしてあげたいと親ならば誰もが思うもの。「子どもの知性」を育てるためには、どのようなことが必要なのでしょうか?


    (出典 matome.naver.jp)



    色々書けて便利!100均の「ブラックボード」が重宝されている♪

    2017-01-12 18:26:25(481273 view)

    メモしておけば良かったな、メモ残しておけば良かったな…など、後悔することってありますよね。そんな時に便利なのがブラックボード。黒板ではなく、ペンで書くタイプのものが重宝しているようなのでまとめてみました。


    (出典 matome.naver.jp)





    (出典 www.jst.go.jp)



    1 Godbless You ★ :2017/01/04(水) 15:33:04.04 ID:CAP_USER9

    科学がめざましい進歩を遂げるなか、すでによく知られているはずの人間の体内で新たな「発見」がありました。
    これまで腸を支えるための単純な構造だと考えられていた部分が、研究によって「消化器系の臓器」であることが判明。
    これによって、腹部の病気の原因解明が進む可能性があるとのことです。

    今回「新しい臓器」として分類されたのは、「腸間膜」というもの。
    腸間膜は腹腔の背中側の壁にくっついていない部分の臓器を、後腹壁につなぎ止めている膜のことで、構造的には二重層となっています。
    私たちの腸は腸間膜があるために正しい位置に保持されるわけです。

    写真:
    (出典 i.gzn.jp)


    何百年もの間、腸間膜は消化器系の臓器とは分離された構造だと考えられ、その役割が軽視されてきました。
    しかし2012年研究を行ったリメリック大学病院のJ Calvin Coffey氏らのチームの微視的な調査によって、腸間膜が「他の臓器と分離した構造」ではなく、「他の臓器と連続した構造」であることが発見されます。

    その後チームは4年間にわたって腸間膜が臓器の1つであることの証拠を集め、今回、2016年末に論文として発表されたわけです。
    医学において最も権威のある解剖学書の1つである「グレイの解剖学」は、この発見を受けて内容が改訂されたとのこと。

    Coffey氏は「100年以上信じられていた解剖学的な説明は正しくありませんでした。
    この臓器は断片化されておらず、複雑でもない、1つの連続的な構造なのです」と語っています。

    腸間膜が新たに臓器として分類されたからといって、人体の構造が大きく変わるわけではありません。
    しかし、腸間膜が腹部の病気に関わっている可能性もあり、新たな分野の研究が行われることで人々の健康状態を改善する結果が出せる可能性があります。
    記事作成現在、腸間膜が持つ臓器としての役割はよくわかっていないのですが、研究チームはこれから腸間膜の持つ「機能」に関する研究を進め、何が腸間膜の「異変」なのかを明かにすることで病気の治療に役立てる予定です。

    http://gigazine.net/news/20170104-brand-new-human-organ/


    【【科学】人体から“新たな臓器”見つかる】の続きを読む

    このページのトップヘ