萌え苺ねっと

萌え苺ねっとはアニメを中心に面白いと思った記事をまとめています

    雑学


    暮らし・アイデア 注目まとめ 0112


    暮らし・アイデア の注目まとめをまとめてみました。

    みんなの「突っ張り棒活用法」がとても参考になる!

    2017-01-12 18:26:25(562415 view)

    壁に穴を開ける必要が必要がないので、賃貸でも使えるのが嬉しい「突っ張り棒」。キッチンにクローゼット、靴の収納なんかにも使える便利なアイテム。収納を増やしたい方におすすめなアイデアをご紹介します。


    (出典 matome.naver.jp)



    あなたはいくつ知ってる?アマゾンで買える”良コスパ製品”まとめ‼

    2017-01-12 18:26:25(1021092 view)

    ※価格はまとめ作成時のものです


    (出典 matome.naver.jp)



    まだ捨てないで…冷蔵庫で冷やすと復活するモノ達がある!

    2017-01-12 18:26:25(599076 view)

    ベトベトになったマスキングテープや割れてしまったファンデーションなど…、一見使えなくなったモノたちが実は冷蔵庫で冷やすことで復活することがあるんです。まとめてみましたので、ぜひ試してみてください!


    (出典 matome.naver.jp)



    学力だけじゃない?「子どもの知性」を育てるために必要な5つのこと

    2017-01-12 18:26:25(172745 view)

    子どもが知性を身につけ、様々な能力をできる限りのばしてあげたいと親ならば誰もが思うもの。「子どもの知性」を育てるためには、どのようなことが必要なのでしょうか?


    (出典 matome.naver.jp)



    色々書けて便利!100均の「ブラックボード」が重宝されている♪

    2017-01-12 18:26:25(481273 view)

    メモしておけば良かったな、メモ残しておけば良かったな…など、後悔することってありますよね。そんな時に便利なのがブラックボード。黒板ではなく、ペンで書くタイプのものが重宝しているようなのでまとめてみました。


    (出典 matome.naver.jp)





    (出典 www.jst.go.jp)



    1 Godbless You ★ :2017/01/04(水) 15:33:04.04 ID:CAP_USER9

    科学がめざましい進歩を遂げるなか、すでによく知られているはずの人間の体内で新たな「発見」がありました。
    これまで腸を支えるための単純な構造だと考えられていた部分が、研究によって「消化器系の臓器」であることが判明。
    これによって、腹部の病気の原因解明が進む可能性があるとのことです。

    今回「新しい臓器」として分類されたのは、「腸間膜」というもの。
    腸間膜は腹腔の背中側の壁にくっついていない部分の臓器を、後腹壁につなぎ止めている膜のことで、構造的には二重層となっています。
    私たちの腸は腸間膜があるために正しい位置に保持されるわけです。

    写真:
    (出典 i.gzn.jp)


    何百年もの間、腸間膜は消化器系の臓器とは分離された構造だと考えられ、その役割が軽視されてきました。
    しかし2012年研究を行ったリメリック大学病院のJ Calvin Coffey氏らのチームの微視的な調査によって、腸間膜が「他の臓器と分離した構造」ではなく、「他の臓器と連続した構造」であることが発見されます。

    その後チームは4年間にわたって腸間膜が臓器の1つであることの証拠を集め、今回、2016年末に論文として発表されたわけです。
    医学において最も権威のある解剖学書の1つである「グレイの解剖学」は、この発見を受けて内容が改訂されたとのこと。

    Coffey氏は「100年以上信じられていた解剖学的な説明は正しくありませんでした。
    この臓器は断片化されておらず、複雑でもない、1つの連続的な構造なのです」と語っています。

    腸間膜が新たに臓器として分類されたからといって、人体の構造が大きく変わるわけではありません。
    しかし、腸間膜が腹部の病気に関わっている可能性もあり、新たな分野の研究が行われることで人々の健康状態を改善する結果が出せる可能性があります。
    記事作成現在、腸間膜が持つ臓器としての役割はよくわかっていないのですが、研究チームはこれから腸間膜の持つ「機能」に関する研究を進め、何が腸間膜の「異変」なのかを明かにすることで病気の治療に役立てる予定です。

    http://gigazine.net/news/20170104-brand-new-human-organ/


    【【科学】人体から“新たな臓器”見つかる】の続きを読む

    このページのトップヘ