萌え苺ねっと

萌え苺ねっとはアニメを中心に面白いと思った記事をまとめています


    『仮面女子』についてTwitterの反応


    仮面女子の猪狩ともかにメンバー激励 桜雪「強さに救われた人は私だけじゃない」 仮面女子の猪狩ともかにメンバー激励 桜雪「強さに救われた人は私だけじゃない」
    …きとなり、入院中だった。仮面女子のメンバーは猪狩の不運を悲しむとともに、前向きな姿勢に「誇らしく思う」としている。 仮面女子の桜雪はブログを更新し、「…
    (出典:エンタメ総合(デイリースポーツ))



    【『仮面女子』についてTwitterの反応】の続きを読む



    (出典 www.dailyshincho.jp)


    引用元:http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/idolplus/1525419301

    1 朝一から閉店までφ ★ :2018/05/04(金) 16:35:01.88

    2018-05-04 16:19

     ジャニーズ事務所は4日、TOKIOの山口達也(46)の事件報道について、被害者らへの取材自粛要請をマスコミ各社へファクスで送付した。

     「山口達也の事件に関して、あらためまして被害者様取材自粛のお願い」と題した書面で、今回の事件の被害者が未成年であるため、
    最大の配慮をしてほしいと要望されていたが、「現在、被害者さま、そのご家族など周辺の方々、また、山口が2016年8月に離婚し、すでに別の道を歩んでおられるご家族の方々への取材などが過熱している状況でございます」
    と現状を説明。被害者の家族からジャニーズ事務所に報道関係者への要望が寄せられたため、改めて取材自粛を申し入れた。

          ===== 後略 =====
    全文は下記URLで

    https://www.oricon.co.jp/news/2110849/amp/?utm_source=Twitter&utm_medium=social&ref_cd=tw&__twitter_impression=true


    【【今日の特選】 ジャニーズ事務所、被害者や山口の家族への取材自粛を要請[05/04] 】の続きを読む



    (出典 dq10ragu.com)



    1 名無しさん必死だな@\(^o^)/ :2017/07/28(金) 18:31:39.08 ID:/lP5stAqa.net

    3DS版は糞グラで宣伝もオマケ程度
    PS4版は美グラで明らかにPS4版の方が宣伝に力入れてる
    もはや3DSなんて時代遅れのゴミハードじゃドラクエだろうが売れやしない


    【【ドラクエ11】PS4版100万本、3DS版50万本【売上予想】】の続きを読む



    (出典 img.atwikiimg.com)



    1 ■忍法帖【Lv=5,マクロべータ,WlN】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb :2017/07/23(日)08:01:05 ID:???


    ひとり暮らしの40代が増えると、日本は滅ぶ。そんなショッキングな分析がある。
    分析結果を導いたのは、研究所やシンクタンクでも、官公庁でもない。AI(人工知能)だ。しかも、そのAIを開発したのはなんと、
    公共放送・NHK――。

    貧困、少子高齢化、地方衰退……。日本社会が様々な問題を抱え、多くの人が原因と対策を探っているのは確かだ。
    しかしそれでも上記の分析は、突拍子もないし冷酷だ。

    どんな根拠に基づいていて、本当に信頼できるのか?AIはなぜ開発されたのか? NHKに聞きに行った。
    「日本社会への処方箋を、専門家とは異なる視点から考えてみたい」
    NHKがAIを開発したのは、社会問題と向き合うメディアとして、ある種の「行き詰まり」を感じたからだ。
    AIを使ったNHKスペシャルの新シリーズ『AIに聞いてみた どうすんのよ!?ニッポン』を担当する大型企画開発センターの神原一光
    ディレクターは、こう語る。

    「専門家にお話を伺うと、示唆に富んだデータや論考が出てくる。そのすべてが社会問題の解決のヒントになるものばかりなのですが、
    “失われた20年”といわれる社会の閉塞感を打ち破るには、もっと異なる視点が必要なのではないか。
    もしかしたら、もはや人間だけでは難しいのかもしれない、という思いが芽生えました」

    AIの開発は、これまでNHKスペシャルで『震災ビッグデータ』『医療ビッグデータ』などを手掛けた阿部博史ディレクターを
    中心としたチームが担当。
    データネットワーク分析の第一人者である坂田一郎・東大教授と、社会学者として少子化などの分野で統計的研究を行う
    柴田悠・京大准教授のアドバイスを受けて作り上げた。

    「民間企業がAIを開発するとなると、どうしても自社の業界に関連したものや、自社の利益を最大化するものになりがちです。
    ですので、社会課題の解決を目指すAIを作ることは、(民間企業ではない)公共放送として意義がある挑戦だと考えました」(神原ディレクター)

    5000種類、700万件のデータを投入

    目指したのは、あるデータの値(たとえば年齢の人口の増減)が変化することによって、他のデータの値(たとえば自殺率や貧困率)が
    連動してどのように変化するか、関係を可視化するAIだ。人口動態統計や産業動向調査など、5000種類を超える公的データをAIにインプットした。
    「これは調査報道のひとつに入るため、データの選定には気を配りました。研究者が行っている調査データには、
    興味深いものがたくさんありましたが、大きな条件として、47都道府県すべてのデータが、
    30年分取得できることを重視しました」(神原ディレクター)

    結果的に、5000種類×47都道府県×30年分、合計700万件超のデータを学習したAIが生まれた。
    AIのコードネームは「NEBRA(ネブラ)」。人類最古の天文盤とされる「ネブラ・ディスク」から拝借した名前だった。

    (以下略)

    投稿日: 2017年07月22日 10時50分 JST 更新: 2017年07月22日 12時10分 JST
    http://www.huffingtonpost.jp/2017/07/22/nhk-ai-made-shocking-analysis_n_17510952.html?ncid=engmodushpmg00000004


    【【ハフポスト】 「ひとり暮らしの40代が日本を滅ぼす」NHKが作ったAIの分析が冷たすぎる [H29/7/23]】の続きを読む

    このページのトップヘ