萌え苺ねっと

萌え苺ねっとはアニメを中心に面白いと思った記事をまとめています

    ニュース速報+




    (出典 img.tabi-labo.com)





    1 ニライカナイφ ★ :2016/10/26(水) 17:38:42.78 ID:CAP_USER9.net

    ◆「精子を泳げなくする」男性用ピルが登場間近! セックス直前に飲むだけ、数日後には元通り(最新研究)

    「避妊」と聞いて多くの読者が思い浮かべるのは、コンドームや女性が内服するピルなどの手段だろう。
    しかし、時代は動いている。これまでとはまったく異なるアプローチによって、“精子を泳げなくする”という次世代の避妊法が誕生、間もなく実用化する見込みだとして話題になっている。

    ◇特殊な化合物で、精子のヤル気を完全に削ぐ!

    今月23日、英紙「The Daily Mail」が報じたところによると、今回の画期的避妊法を発見したのは、英ウルヴァーハンプトン大学のジョン・ハウル教授や、ポルトガルのアヴェイロ大学の専門家らで構成される国際研究チームだという。

    まずハウル教授らが目をつけたのは、男性不妊の原因の一つである「精子無力症」だった。
    これは精子の運動が足りず、卵子までたどり着くことができない状態を指すが、研究チームは、同じ現象を人工的に引き起こすことができれば避妊につながると考えたのだ。

    そして考案された化合物が、特殊な「膜透過性ペプチド」だ。
    ペプチドとはアミノ酸が数個つながった構造を持ち、細胞の働きに影響を与える成分のこと。

    食品に含まれる自然由来のペプチドは、さまざまな健康作用をもたらすことが知られているが、生化学者の手によって人工的なペプチドも数多く誕生している。
    つまりハウル教授は、精子細胞の中へと直接潜り込み(膜透過性を持ち)、動けなくしてしまうペプチドを人工的に生み出すことに成功したのだ。

    ◇精子の尻尾を動けなくする! 驚愕の避妊法

    ハウル教授のペプチドが精子に侵入すると、尻尾部分(鞭毛)の動きをコントロールするタンパク質が無効化され、精子が完全に動けなくなってしまう。
    すでに人間とウシの精子を用いて、極めて正確に作用することを立証済みなのだとか。

    さらに、精子の無力化はペプチドを投与してから数分という短時間のうちに作用するうえ、数日後には効果が切れる。
    つまり実用化に際しては、セックスの数分前に摂取すれば十分に効力を発揮するとともに、数日後には生殖能力が回復する、夢のような男性用避妊薬というわけだ。
    ピルを摂取していた女性が妊娠を希望する場合、少なくとも数週間前に服用を中止しなければならないことを考えれば、実にお手軽・簡単な避妊法といえるだろう。

    研究チームは今後2~3年以内に動物実験をスタートしたいと考えており、着々とその準備を整えているようだ。
    生体実験開始後、(ヨーロッパで)薬品として社会に流通するまでは3~5年の期間を要するとのことで、私たちが実際に口にできるのは早くても2021年以降ということになる。

    「実験結果は実に驚くべきものでした。即効性があるとともに、数日で元に戻るのですから」
    「これは完全に独創的なアプローチです。このようなことは誰も思いつかなかったのです」
    「最終的に男性用ピルとして出回るか、鼻腔用スプレーのような形で登場するか、皮下インプラントになるか――いずれにしろ、すべて実現可能ですよ」(ハウル教授)

    ◇性事情を大きく変える!? 称賛相次ぐ

    精子の尻尾を動かなくしてしまうハウル教授の避妊法に対して、現地の医学界からは続々と称賛の声が上がっている模様だ。
    数々の有名医師やアドバイザーらが、次のようなコメントを寄せているという。

    「これが現実になれば、多くのカップル、特に女性側は歓迎するに違いない」
    「体調的な理由からピルを服用できない女性の助けとなるばかりか、子どもが欲しくない男性にとっても有用だ」
    「ついに、男性が避妊に対して大きな責任を負うべき時がやってきたのだ」

    (▼続きはリンク先の記事ソースでご覧ください)

    TOCANA 2016.10.25
    http://tocana.jp/2016/10/post_11269_entry.html
    http://tocana.jp/2016/10/post_11269_entry_2.html


    【【最新研究】「精子を泳げなくする」男性用ピルが登場間近 セックス直前に飲むだけ、数日後には元通り】の続きを読む



    (出典 www.biz2cloud.com)



    1 ちゃとら ★ :2016/12/06(火) 22:06:24.41 ID:CAP_USER9

     近年、働く人はコミュニケーション能力が重要だと言われる。経団連の2015年度新卒採用に関するアンケート調査によると、選考時に重視する要素は 12 年連続で「コミュニケーション能力」が第1位だ。

    そんな中、あるツイッターユーザーのこんなツイートが話題になっている。
    「某本社の皆さまが仕事をみんな外注にしちゃったためにノウハウがなくなって大混乱になっているので、
    就職面接でコミュニケーション強者を選抜していくと仕事をせず責任を回避するスキルにだけ長けた人材が集まってこうなるのだなということがよくわかって微笑ましい気分になった。育成失敗だわ」

    ■「採用面接が狐と狸の化かし合いみたいな状態」がいけない?

    つまりコミュニケーション能力を重視するあまり、口だけは上手いが仕事ができない人ばかりを採用してしまったのだ。別のユーザーからは、こんな声もあった。
    「コミュニケーション強者しか採らず何もかも外注していたら業務が回らなくなったため、コミュ障のエンジニアも採るようにしたものの、彼らの扱い方が分からず邪険にしていたら皆逃げてしまったという会社の話なら知ってる」
    主力のエンジニアがいなくなってしまえば会社は立ち行かない。「『コミュニケーション強者』は同族同士でしかコミュニケーションが取れないらしい」と結んでいた。

    これに関して思うところがある人が山ほどいたようで、一連のツイートがトゥギャッターにもまとめられ22万以上閲覧されている。
    「それコミュニケーション強者と思っていた無能じゃん…」などと指摘するコメントが、続々寄せられていた。

    「同質性が担保されていないとコミュニケーションできない層にそもそもコミュニケーション強者とラベリングしていいのだろうか」
    「それはコミュ強ではなくてただのうぇーい族なのでは。」
    「あ、これ歴史の本で何度も見たことが有る。口の上手い奴だけ側近にしていってダメになっていく王朝のパターンだ」
    面接の時、馬が合っただけで決めていればそうなる、という採用側への指摘も多かった。

    「コミュ強を採用するつもりが、『採用されるためにコミュ強を演じただけの人』を採用してしまった、という話に見える。
    採用面接が狐と狸の化かし合いみたいな状態になっている限りは、この手の採用ミスは避けられないだろうなぁ…」

    ■真の「コミュニケーション強者」は相手が「コミュ障」でも気にしない

    そもそも、コミュニケーション能力とはなんだろう。そもそもの「コミュニケーション」の意味は、「言葉や文字で互いの考えを伝達、交換すること」などと辞書では定義されている。
    決して「口がうまい」「世渡り上手」のことではない。

    職場では、上司の指示をきちんと聞き、理解し、疑問点があれば質問をして、指示通りの成果・結果をだすのが最低限の基本になる。
    考えてみれば当たり前だが、こんなにもコミュニケーション能力が求められているのは、それが苦手な人や、意味を取り違えている人が多いからかもしれない。

    ツイートには、「本当のコミュニケーション強者とは」と語るものも少なくない。
    「本当に卓越したコミュニケーションの達人は相手がコミュ障だろうが何だろうが仕事で組むべき相手と見ればあの手この手で巧みにコミュニケーション取りに行くもの」
    「同僚に、相手の担当が老若男女陰キャ陽キャ問わずどんなタイプだろうと必ず仲よくなって仕事をまとめて帰ってくる人がいて、そいつには絶対にかなわないといつも思い知らされます」
    なんだか、根底には仕事に対する熱意の違いがあるようにも感じる。いずれにしろ、本当の意味での強力なコミュニケーション能力がある人はそうそういない。
    上っ面の「コミュ力」ばかり見ていても、上手くはいかないようだ。

    http://blogos.com/article/200865/


    【【社会】「コミュニケーション強者」ばかり採用したら会社が大混乱! 口だけ上手くても仕方ない 】の続きを読む




    (出典 livedoor.blogimg.jp)





    1 曙光 ★ :2016/12/03(土) 18:41:14.42 ID:CAP_USER9

    千葉大医学部5年の男3人による集団レイプ事件。容疑者の1人は超エリート法曹一家の子息であることが分かった。しかし千葉県警は容疑者の氏名どころか、事件の概要さえ発表していない。
    ネット上では、「圧力がかかっているのではないか」との臆測が飛び交っている。日刊ゲンダイは千葉県警捜査1課課長代理に疑問を直接ブツけた。

    ■「取材拒否の事実はない」

    ──なぜ氏名を公表しないのか。

     マスコミはいろいろ言ってきていますが、現在捜査中で(発表すると)どうしても影響が出るので発表していないということ。また被害者のこともあるので、必要な時期がくれば当然、発表していく考えです。

    ──「氏名を公表しないのはおかしい」という声が数多く上がっているのは把握していますか。


     報道では知っています。

    ──公表できない事情でもあるのですか。

    (容疑者は)官僚の息子ではないかとかいわれていますが、そんなのはまったく関係のない話であって、捜査が進めば対応していきます。

    ──容疑者の1人は超の付くエリート法曹一家の子息ですが、ご存じですよね。

     そこまで(すごいとは)把握できていませんでした。ただ把握していようがしていまいが、捜査にはまったく関係ありません。

    ──圧力があったということは一切ありませんか。

     まったくないです! そんな圧力があって警察がひるむようなら、日本の警察も終わりです。そう言われること自体が私はちょっと気分が良くない。そんな気持ちで仕事をやっている警察官はいない。そんな失礼なことを言うなんて。ほんと失礼だと思いますよ!

    ──医学部生がこのまま社会的制裁を受けずに、将来医療に携わるようなことがあれば世間は許しません。

     その通りだと思います。捜査を進める中で、共犯者の有無がネックになっているところです。一部報道に取材を拒否しているとありましたが、そんな事実はない。必要であれば、きちんと対応していきます。

     ◇ ◇ ◇

     写真週刊誌には3人の顔写真が載り、ネット上でも実名が流れ始めている。世間はもう待ってくれないだろう。

    http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/newsx/195121



    【【集団強姦】「圧力はあったか」千葉県警を直撃取材…「容疑者のエリート一家は捜査に全く関係ない」「圧力があったと言うのは失礼だ」】の続きを読む




    (出典 pbs.twimg.com)





    1 朝一から閉店までφ ★@\(^o^)/ :2016/10/10(月) 17:29:53.42 ID:CAP_USER9.net

    (スポーツ報知) 17:17
     株式トレーダーのタレントの若林史江(39)が10日放送のTOKYO MX「5時に夢中!」(月~金曜、後5時)で妊娠と結婚を発表した。

     マツコ・デラックス(44)とともに月曜コメンテーターを務める若林。妊娠5か月。番組冒頭で明らかにし「安定期に入ったので。どっちが先かは聞かないでください」と話した。

    http://news.goo.ne.jp/topstories/entertainment/257/b27f4e69330e0c312470652807e10c95.html?utm_source=tw&utm_medium=sns&utm_campaign=gootw


    【【速報】 美人トレーダー若林史江「5時に夢中」で結婚&妊娠を発表[10/10]】の続きを読む




    (出典 suumo.jp)





    1 ちゃとら ★ :2016/12/04(日) 20:57:10.03 ID:CAP_USER9

     タワーマンションが何かと話題だ。高層階と低層階で固定資産税を差別化しようとの動きが出ているほか、住人間の「格差」を題材にしたテレビドラマや雑誌の特集も相次いでいる。
    華やかなイメージのタワマンだが、そこに住むセレブ主婦たちは意外な「ご法度」や「タブー」に縛られているという。

     政府は20階建て以上の新築タワマンの固定資産税について、高層階は増税、低層階を減税する方針で不公平感の解消を目指す。

     都心のタワマンは50階以上の建物も多く、階数が高くなるほど販売価格が上昇するのも特徴で「1階上がるごとに『100万円程度ずつ上昇する』とも言われる。
    上に行くほど暮らす世帯の所得水準は高くなると考えられ、高層階に住むことはいわば『成功者の証』と捉えることもできる」と住宅ジャーナリストの榊淳司氏は解説する。

     実際、住人は階数によって“ヒエラルキー(階層)”の意識を抱きやすいようで、エレベーターの乗り降り一つにもその傾向はうかがえる。
    榊氏は、エレベーターが32階より上に行くものと、31階までで止まるものがあるタワマンでのエピソードを紹介する。

     「31階の住人は下に降りる際、エレベーターが止められるたびに『遅くなるじゃない』とイライラしていたそう。
    それが、わけあって33階に引っ越すことになると、今度は上から降りてくるエレベーターに途中で乗り込む立場になり、今は『肩身が狭い』と漏らしている」

     低層階の住人が高層階の住人から「さげすまれているように感じる」という声も実際に耳にするという。
    子育て世帯の間では、高層階の主婦が偉そうに振る舞うといった場面も一部であるようだ。

    こうしたヒエラルキーは、東京の豊洲や有明といった「湾岸エリア」のタワマン住人が抱きやすいと榊氏はいう。

     「湾岸エリアのタワマン住人は地方出身者が多い。ITベンチャーなどで成功を収め、ステータスを求めてタワマンに住む傾向がある。
    売り手側もその点をよく心得ていて、ターゲット層は『見えっ張り』と分析した上で、彼らのプライドや購入マインドを刺激する販売戦略を仕掛けている」

     ちなみに「東京生まれの東京育ち」といった人々は、湾岸エリアのタワマンに憧れることは少ないという。

     一方で、タワマンに住む“本物のセレブ”たちの間では、「ひけらかし」はご法度との指摘もある。

     『ママの世界はいつも戦争』(ベスト新書)などの著書を持つノンフィクションライターの杉浦由美子氏はこう語る。

     「セレブ主婦たちは持ち物も着る物も『とにかく浮かないように』が鉄則。カースト(身分制度)を作り出さないように気を使って生きている」

     中でも、夫の職業を聞くことはタブーだという。「旦那の職業を聞くことは、カーストを生み出すことになりかねない。
    彼女たちは目立つことで陰口をたたかれ、自分や子供がコミュニティーから疎外されることを恐れている」と杉浦氏。そのため、定期的なランチ会などもイヤイヤこなすケースも多いようだ。

     対立を嫌うセレブ主婦たちだが、「教育に熱心なママは放任主義のママを許せないといった子育ての価値観を巡る対立は激しい」(杉浦氏)とも。

     セレブを取り巻く世界もなかなか大変だ。

    http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20161129/dms1611291130008-n1.htm?view=pc


    【【社会】すべて実話!タワマン主婦の「ご法度」と「タブー」 エレベーター内でも…強い“階”層意識 】の続きを読む

    このページのトップヘ